添付ファイルの設定


添付ファイルセクションでは顧客が送信できる添付ファイルの種類についての管理を行ないます。

顧客が送信する添付ファイルの種類を指定することができます。指定しない場合は全てのファイルが送信されます。添付ファイルの種類を登録することで危険性のあるファイルの拡張子を拒絶することが可能になったり、最大ファイルサイズを指定することができます。


注意: この添付ファイルに関する設定を利用するためには、添付できるファイルの種類を制限する設定が有効になっている必要があります。 管理パネル > 初期設定 > チケット > 添付ファイル設定 から添付できるファイルの種類を制限するの設定値を有効化してください。


添付ファイル一覧には次の項目が表示されます。

- 登録
- 拡張子
- 最大サイズ (キロバイト)
- MIME タイプ

登録: 登録リンクをクリックして新たに制限する拡張子を登録します。クリックすると次のフォームが表示されます。表示されたフォームには次の項目を入力します。

拡張子: 添付できる拡張子を入力します。以下の例を参考に拡張子を指定してください。次に示す入力例は最も一般的な拡張子として認識されています。


- pdf: Portable Document file (Adobe Acrobat)
- doc: Microsoft Word/WordPerfect document
- txt: ASCII text-formatted data
- jpeg: JPEG compressed bitmap
- gif: Bitmap (CompuServe)

最大サイズ (キロバイト): 添付できるできるファイルに対する最大サイズを指定します。

MIME タイプ: MIMEタイプ (Multipurpose Internet Mail Extensions) とはWEBサーバーとWEBブラウザが取り扱う間のデータの形式を指定しています。例えば、.htmlであれば、これはHTMLドキュメントとしてブラウザは受け取ったデータを正常に処理することができます。画像であれば画像を出力し、PDFであればPDFファイルとしてデータの出力を行ないますが、中にはいつか期待通りには制御できないMINEタイプも存在します。例としてMIMEタイプには以下のようなものがあります。

- application/pdf - PDF Documents
- text/html - HTML Documents
- image/jpeg - JPEG Image

全てのデータを入力したら、登録ボタンをクリックしてデータを登録します。

次の例は添付ファイルとしてPDFファイルを登録した例です。

拡張子: 添付ファイルに登録した拡張子を表示しています。

最大サイズ (キロバイト) : 拡張子に対する最大添付ファイルサイズ数(キロバイト)を表示しています。

MIME タイプ: 添付ファイルに対するMIME タイプを表示しています。

検索: 添付ファイル一覧からキーワード検索を行なうことができます。登録した一覧データの中から拡張子名をキーワードとして検索してください。

オプション:オプションボタンをクリックすると、画面を操作するための3つの機能が表示されます。

一括操作: 選択した添付ファイルの拡張子設定を一度に削除することができます。
詳細検索: 登録した拡張子の名称をキーワード検索することができます。
設定: 1ページに表示させる件数を指定することができます。半角数字を入力します。

これらの3つの機能はオプションボタンをクリックしなくても、拡張子の左側にあるチェックボックスをチェックして選択した場合に自動的に表示されます。

編集: このリンクをクリックすると登録した拡張子設定のデータを更新します。次の画面に切り替わります。

データの変更をしたら更新するボタンをクリックします。

削除: 登録した拡張子設定データを削除します。