ライブチャット Live Response インストール


ユーザーとブラウザ経由でオンラインチャットを行うための管理者側のデスクトップアプリケーションのインストール手順となります。
ダウンロードしたファイルを解凍し、LiveChatフォルダに含まれるSetup.exeをダブルクリックします。以下のスクリーンショットはSetup.exeが起動した画面から解説されています。

インストール、設定、日本語化の順に行います。所要時間は2、3分程度で終わります。各画像をクリックすると、拡大されます。


1.Setup.exeが立ち上がったら、Nextボタンをクリックして次へ進みます。

2.Nextボタンをクリックして次へ進みます。

3.何も選択せずに、Nextボタンをクリックして次へ進みます。

4.Nextボタンをクリックして次へ進みます。

5.インストールが開始されます。完了したらNextボタンをクリックして次へ進みます。

6.Nextボタンをクリックして次へ進みます。

7.Nextボタンをクリックして次へ進みます。

8.Addボタンをクリックします。

9.設定されたデータを入力します。右の解説を参考に入力してください。

Account Nameに利用者の名前
LiveResponse URL にはSupportSuiteをインストールしたURLを入力します。
例)https://sample.com/

オンラインデモでご利用の場合は、 https://www.support-ticket.net/*****/ となります。 **** の箇所にはオンラインデモで提供されたフォルダ名をご記入ください。

User Name には実際に登録したスタッフのユーザー名を入力します。
Password、Repeat passwordにはそれぞれスタッフで登録したパスワードを入力します。

入力後、OKボタンをクリックします。


10.Nextボタンをクリックして次へ進みます。

11.Nextボタンをクリックして次へ進みます。

12.英語の画面でLive Responseが起動します。これから日本語化するため、この時点では英語で問題ありません。英語で利用する場合は、インストールはこれで完了となります。

13.マイコンピュータ > Cドライブ > ProgramFiles > Kayako > LiveResponse > lang を開き、Setup.exeが格納されていたフォルダにあるJapanese.xmlをこのフォルダにコピーします。


14.Live Responseに戻りメニューバーから、Tools > Options > Languageを選択し、一覧からJapaneseを選択肢しOKボタンをクリックします。


15.Live Responseを終了するため、タスクトレイにあるアイコンを右クリックして、Exitを選択して一旦終了させます。

16.再起動するために、スタートメニューからLive Responseを選択して起動します。

17.日本語化されていることを確認してください。

18.Support Suiteのウェブ画面を表示し、画面右側にあるチャットのステータスアイコンがONLINEと表示されていることを確認できれば、日本語化完了です。